沢山の蜂

適切な対策

懐中電灯をあてる

シロアリがもたらす被害とは

ここ最近、住宅のシロアリによる被害が深刻になっています。シロアリは、いったん住宅に住み着くと、どんどん増殖していくという性質があります。具体的にどのような被害があるかというと、一番は地中から家に侵入してきます。その際、住宅の土台や床束などを食害していきます。また、シロアリは住宅の柱や壁などの内部を食い進み、天井裏まで食い尽くすこともあります。被害がもっと深刻化すると、タンスや家具の下にある畳も食害されてしまいます。さらには、本などの紙類も押入れに入れたり、壁に接しておいておくと、シロアリの餌食となります。 このようにシロアリは、住宅にあるあらゆるものを食い尽くしていきます。ですから、住宅を守るためにも早期発見が大事です。

住宅を守るための方法

シロアリ被害から大切な家を守るには、被害を受ける前に適切な予防を行うことが大事です。業者に依頼すれば、住宅の防蟻施工を行ってくれます。家を新築した時に依頼をすれば、比較的安価な経費で防蟻対策を行えます。 その他にも、万が一被害にあってしまった場合は早期発見が大切です。住宅の土台部分や床下の被害は、普通に暮らしているとなかなか発見しにくいです。よって、自分で定期的にシロアリがいないか調査をするといいです。たとえば、シロアリは地中から蟻道をつくって建物へ侵入してきます。なので、住宅の基礎や土台に蟻道がないか確認します。その他にも、住宅近辺に羽アリが飛んでいないかも注意したほうが良いです。羽アリがいるということは、近くにシロアリがいる可能性が高いです。

Copyright © 2015 オオスズメバチやシロアリを駆除をする~駆除ちゃちゃっと隊~. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com

このエントリーをはてなブックマークに追加